2021年6月19日土曜日

南関東大会

南関東大会に出場しました。

高3三好は400mハードル予選1組に出場しました。

前半から積極的に入り、激しく2位を争いました。
三好は2レーン、先頭の選手はインターハイ優勝候補です。





後半粘って、自己記録を1秒以上更新!
予選1組で3着。全体の6番目の記録で見事に決勝に進出しました。





決勝も積極的に走りました。

8台目を越えたところです。
三好は1レーン、4位を激しく争っています。



同じころ、学校では部員みんなでライブ映像を見ながら応援していました。





8位でしたが見事に南関東大会入賞しました。

高校から陸上競技を始めてわずか2年。
コロナ禍で十分に練習が出来ない中、体力・技術がともに要求される難しい種目で見事な結果を出しました。これからの活躍が大いに期待できます。

※8/13(金)~15(日) 
   東京陸上競技選手権大会 駒沢陸上競技場
 400mと400mハードルに出場予定。

2021年6月17日木曜日

南関東大会が近づいてきました。

南関東大会、正式には令和3年度関東高等学校陸上競技選手権大会、秩父宮杯第74回全国高等学校陸上競技対校選手権大会北関東・南関東地区予選会が18日から始まります。

他競技と異なり陸上競技は同じ会場ですが南北別々に競技を行う関東大会が、インターハイの予選を兼ねています。つまり都府県で優勝しても、関東大会に入賞しなければインターハイに進めない仕組みになっています。

藤村からは3年の三好が400mハードルに参加します。

写真は前日練習の様子です。
エントリーランキングは12位ですが、この種目の経験はわずかに6レース。毎回自己記録を更新しています。








13日の国士館大学競技会では、積極的なレースで0.01秒ですが自己記録を更新しました。インターハイの出場権が得られる6位入賞を目指してチャレンジをしてまいります。
無観客試合ですがご声援よろしくお願いいたします。





※南関東大会女子400mハードル(大会2日目、6月19日)
  予選11:45 決勝15:25 YouTubeで中継があるようです。

2021年6月13日日曜日

ラビッツ競技会

ラビッツ競技会に参加しました。
トップレベルの選手から初心者まで幅広く参加できる大会です。制約がある中で大会を開催してくださったラビッツ陸上クラブのみなさまに感謝いたします。


最初の種目に出場する高校1年生が朝早くからアップをしています。今日も蒸し暑い一日となりました。






1500mに出場した高校1年生2名は、藤村のユニフォームで試合に初参加です。





今日は前半を積極的に入ることを課題にしました。ちょっとわかりにくいですが、1周目は先頭集団についています。
(4・5番手が藤村の選手です。)
夏休み明けまでに距離を踏んで、秋は後半を意識した組み立てをしていきます。



中学2年生は今日がはじめての大会です。昨年は入部と同時に緊急事態宣言で部活動が休止してしまい、機会を逸してしまいました。今年も5月の大会が中止になってしまい、ようやく走ることが出来ました。

アップの最後にスタートを確認してレースに臨みました。






同じようなタイムの選手と最後まで競り合ってゴールしました。
次からは今日の記録が目標になります。








駒沢陸上競技場は昼過ぎから強い向かい風となります。

残念ながら今日も200mの時間帯は強い向かい風。
参加した高2にはちょっときつい条件でした。






来週は南関東大会です。
インターハイ出場を目指して、高校3年生三好が400mハードルに参加します。
残念ながら無観客試合となりますが、結果がわかり次第、報告いたします。

2021年6月6日日曜日

5・6支部学年別大会2日目

今日の予報は雨。昼過ぎまで弱い雨が降ったりやんだりしていました。






1年生は1500mと200mに出場しました。
1500mの2名は高校のデビュー戦。


思った通りにはいきませんでしたが、来週のラビッツ競技会にもエントリーしているので、修正していきます。

200mには4名が出場しました。


スプリントの2名は昨日100mに出場しています。
1500mの2名も練習を兼ねて出場。本日2レース目の疲れがあったはずですが、こちらは今持っている力を出せたようです。
200mでは1名が都1年生大会へ進出しました。



この大会は3年生の多くが区切りの大会となります。

400mの2名は自己記録を更新しました。






走幅跳の1名は自己記録に迫るジャンプでした。






100mには2名が出場。




決勝に出場した1名は、リレーの4走も務めました。



今日の結果に関係なく部活動を継続する、結果を受けてこれから考える、結果に関係なく今日で競技はおしまいにする、3年生の判断はそれぞれです。練習でみんなが揃うことがないのは寂しいことですが、進路に向けてそれぞれが動き出しています。


2021年6月5日土曜日

5・6支部学年別大会1日目

学年別大会が始まりました。
今日の天気は曇り、降りそうでしたが何とか持ってくれました。風は追い風貴重でした。
1年生7名のうち、5名がこの大会が高校の初レースとなります。高校から陸上競技を始めた2名にとっては初めての陸上競技の大会です。


開場後すぐにユースハードルに出場する1年生がアップをしていました。





最初の種目はそのユースハードル。
失敗もありましたが、東京都1年生大会の出場権を得る予ことが出来ました。これから一カ月で失敗したところを改善していきます。
(写真右側の選手です。)




2年生100mは、出場した2名とも危なげなく1位で予選を通過しました。



つづいて1年生100m


結果は様々でしたが、無事にレースを終えることが出来ました。
ユースハードルに出場した1年生は予選を通過しました。
(左から3人目の選手です。)






2年生400mは組で2着。タイムレースで4位に入賞しました。

故障明けの状態を考えるとまずまずの結果です。






後半は100mの決勝が続きました。
まずは2年生100m。

1・3位に入ることが出来ました。
1位の2年生は自己記録を0.2秒以上縮め、東京都選抜大会の標準記録も突破しました。
3位の2年生は公認の自己記録を更新しました。新人戦に向けていいスタートが切れました。





最後は1年生100m決勝が2組に分かれて行われました。
16番目のタイム、つまりギリギリで決勝に進出したのですが、結果は13位。
最初のハードルから始まって3本目のレースでしたがよく頑張りました。





明日は3年生の数人が区切りのレースとなります。
天気が心配ですが、悔いのない試合ができれば幸いです。
明日も良いご報告が出来るよう頑張ります。

※明日の出場予定種目
 3年100m、3年400m、3年走幅跳、
 共通走高跳、共通400mリレー、
   1年200m、1年1500m

2021年6月4日金曜日

1年生が初めての大会に出場します。

6月に入りました。
緊急事態宣言は解除されていませんが、関係者の皆様のご尽力で、予定していた大会はすべて実施していただけるようです。

仮入部を経た高1が高校の大会にデビューする時期となりました。


先月、出場を予定していた大会が中止になってしまった中2も、
初めての大会にむけて調整中です。



一方で、高3は競技に区切りをつける部員がいます。


※6月の大会予定。
・6/5(土)、6(日) 5・6支部学年別大会 兼 U16・U18標準記録挑戦会
           上柚木陸上競技場
  1年生は支部8位までが都1年生大会進出。
・6/13(日) ラビッツスプリングトライアル 駒沢陸上競技場
・6/13(日) 国士舘大学競技会 国士舘大学多摩グラウンド
・6/19(土) 関東高校陸上競技選手権 兼 インターハイ南関東地区予選会
        400mハードル 三好
        川崎市等々力陸上競技場 南関東6位までがインターハイ進出。

いずれも無観客試合となりますが、良いご報告が出来るよう頑張ります。